So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

目覚めにフロリダを再訪するよう促されました [EMDR]

お早うございます!

今朝の目覚めの時には、何かフロリダ州の夢を見ていたのか、フロリダに私の愛する
人たちがいて、そして懐かしい人達がいて、フロリダへ行きたい、というか、戻りたい、
というものすごく強い感情が出ていました。

そして、フロリダにいる人達に会いに行っていないのは私に愛が足りないからだ、という
気持ちがものすごくしてきて、とてもつらい気持ちになっていました。

私の愛が足りないから、フロリダに行こうという強い気持ちが湧いてこなくて、その結果
私はずっとそれをほったらかしておいて、出かけて行っていないのだ、というすごく
自分の愛のなさを責める気持ちが出てきていたのです。

それは、t自分のなかに愛がない、というか愛が足りないために、大事な人達に会いに
行かないのだ、と自分で自分を攻めているというすごく辛くて耐え難い感情でした。

こういうのが出てくるのは初めてのような。。
それは私の中の身体の左下の方に、何か自分の大事な愛したいという気持ちを押さえつけていた
ものがあって、そのために愛することをしていなかった自分の怠慢を責めているような
感じで、今もそれがすごく出ていて、身体の左側がすごく痛くなっています。

昨日、感じたことはやはり、私が甘えることを自分で押さえつけて、その甘えの欲求を
あまりに自分で抑えていたので、その甘えの先の感情が出てきていなかったんだ、ということを
感じていたのです。なので、その部分の幼児期の甘えが育っていなくて、育つのを
止めていたのが外れかけているところに来ているように感じていたのです。

だから、そういう感じが目覚めの時に出ていたのかもしません。
何故、フロリダなのかそれはよくわかりませんが、フロリダに何か思い入れがあるようです。

ともかく、その左側にあるものが本来の自分の育つべきだった自分の感情だと思うので、
さらにそれを伸ばしていくことだと思います。そして、それが伸ばされてくれば、愛すること
ができるようになり、そうすると、自分を止めていたものがとれて自己矛盾から開放されて
行くのではないかと思います。

感じたことは、この世の中で生きていくためには、結局は愛が必要なのだ、ということです。
そして、自分を愛することと人を愛することは同じなのだな、ということなのです。
だからそれが自然に自分の中で熟してきたら、生きることが楽になるのではないか、
と思います。

今、新しいことをやってみようと思っているのですが、それができるためにも、この
部分をクリアしたいのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

基本的信頼を確立することが目標だと分かりました [EMDR]

さっきの続きですが、

EMDRの続きをやっているうちにだんだんと分かってきました。

私の目標は、幼児期に愛着対象の母や父との間に確立できなかった基本的信頼を
EMDRをやっていくうちに確立することなのだ、と。

このEMDRをやっていると、色々なものが無意識の中から出てくるのです。
そして、それを有機的につなげることが行われているんじゃないかと思います。
バラバラになっていたものがつながりを作っているのです。

ともかく、私の中ですごいアンビバレンスになっていたものを解きほぐして、
アンビバレンスにより、不安感の温床となっていた部分を明確に払い分けて
必要なものと不必要な物をより分けて、不必要な物は捨てる作業がEMDR
なのではないか、と思います。

今、やっと左側に抜けてきた感じ、というのは、左側に基本的信頼という土台
というか、安心というかそういうものがあるのではないかと思います。
左側に首を曲げられるようになってきているのかもしれません。

左側に母というものが会って、これまではその母を信用することができなくて、
疑いのほうが強かったのではないか、と思います。
それで、母に委ねることができなかったのだろうと思います。
甘えよりも不信感のために避けるほうが強かったのだろうと思います。
でも、それだと世の中が逆さまに見えてしまうのです。
それがすごく苦しかったのだと思います。

少し、左に首を曲げられるだけで、すごく楽になった感じがします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

左側に理想的愛着対象の母親像が出現 [EMDR]

こんにちは!

さっきの続きでEMDRのセルフエクササイズをしていたところ、幼児期の不安な感じ
が左にあったのですが、だんだんと、何か私の中で幼児期の愛着対象であり、甘えたい
対象であった母親像が左側に忽然と出現してきたのです。

それはまるで、カトリックの愛着対象である聖母マリアのような感じで出現したのです。

それは、慈悲深い無条件の愛を与えてくれる対象としての聖母マリアのような母親像です。
それこそ、私の中でいちばんに出現を待っていた母親像です。
無条件の愛を与えてくれる存在である母親像です。

こういうのが左側に出てきたのは初めてのことです。
でも、もしかしたら私の中で甘えの芽がやって出ていたのかもしれません。
これまではその、甘えの芽が幼児期に踏みつけられて芽生えることができなかった
のだと思います。その結果、母に対するアンビバレンスの感情のままにとどまって
いたのです。そのため、基本的信頼ができずに不安要素がものすごく高かったのだと
おもいます。これはまさに、赤星先生が「心の病と福音(1)」で書かれていた
ことです。

このEMDRはやはり、すごいテクニックだと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

左の下に子供時代の記憶と不安があるようです [EMDR]

こんにちは!

今日も、昨日の続きで左の子供時代の不安とか何かの感情がありそうな気が
したので、EMDRのセルフエクササイズをやってみたところ、その左側の
子供時代のすごく小さい幼児期とそれから小学生時代の感じの記憶が交互に
出てきていたのですが、だんだんと、幼児期のような感じと、以前牧師から
カウンセリングを受けた時の感じがよみがえってきました。

おそらく、その牧師のイメージが幼児期の母親のイメージと重なっていたものと
思います。

そしてそれは一種の幼児期の記憶であって、多分、脳の中の海馬とか扁桃核の
ところに記憶された母のイメージが、牧師のカウンセラーに転移されていたものと
思います。

こうして脳の働きが自分自身の体験の中から少しずつ分かってきているように思います。
EMDRはそういう意味ですごいですね。
脳の働きがわかるのですから。そして、その海馬とか扁桃核の働きというのは、
意識的なものではなく、脳が自動で働いているものなのです。
だから、無意識のうちに脳が機能しているのですから、すごいです。

その脳の働きを解明することはどんなに大切なことだろう、と思います。

そして、思ったのは、EMDRをやっていると、幼児期の母とか父への記憶と感情が、
牧師のカウンセラーの記憶と重なって出てくるのに、メンタルクリニックの先生の
ことは全く出てこないのは何故だろう、ということでした。

それで、ふと頭に浮かんだことは、メンタルクリニックの先生は私が幼児期の父とか
母の記憶とか、幼児期のときの親への感情を話し始めると「眠ってしまう」ことです。
そして、その理由がわかった気がしました。それは、感情転移が起こるのを防ぐ
ための方策なのだ、ということです。

メンタルクリニックの先生は、あくまでも私の中の大人の自我と対話して治療をすすめようとして
いるのだと思います。

ともかく、無意識の中からその幼児期の記憶のようなぼんやりしたものが
出てきているのはすごいことだと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

身体の左側からプラスの記憶が少し顔を出している感じ [EMDR]

お早うございます!

昨日もですが、今日も朝からすごい雨が降っています。
今日は月曜日ですが、なんだか週のいつか、がだんだんわからなくなっている
感じです。毎日雨がすごい降っています。

そして、昨日の夕方あまりに寒くなったので、一旦あげたこたつをまた
出してきてあたっています。

今朝の目覚めではなんとなく、少し自分の中から小学生時代の私が学校で
すごくいきいきと生きていた頃のことが意識に登っていた感じでした。
そして、これまで私が自分のやりたいように生きてこられなかったのは、
感情がじゃまをして、前頭前野の論理的な考えで突き進めなかったからだ、
いつも、感情がそれを押さえつけて邪魔をしてきたからだ、ということが、
実感として感じられたのです。それに本音のところで気づいたというか。
頭ではいつもそう思っていたのでしょうが、今回初めてそれに気づいた、
というような気がしました。

なので、目標としては感情が、前頭前野の論理的な思考の邪魔をしないように、
感情を押さえつけることです。というか、感情と言ってもそれは、恐怖とか
不安というネガティブな感情のことです。

それで、今朝も少しEMDRのセルフエクササイズをやってみたところ、今度は
少しずつ頭の左の方から、そして、身体の左下の方から、私の忘れていた
ポジティブな時代の記憶とその頃の感情のようなものが、沸き上がってきている
のを感じることができたのです。

そのプラスの感情と記憶というものが、左の下に埋もれていたようです。
これまで、恐怖とか不安ばかり出ていたのが、ついに、その下からプラスの
楽しくて自信に満ちた感情と記憶とが出てきているようです。

今後は、EMDRでそのプラスの感情を掘り起こして行きたいと思います。
そういう状態になったら、前頭前野の働きが回復して、やりたい方に突き進んで
いけるのではないか、と感じています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再び過去のカウンセリングの負の記憶が浮上 [EMDR]

おはようございます!

昨日は健康診断だったのでお休みしたのですが、今朝は再び朝のランニングを行いました。
少しだけ、距離を増やして、湖畔の道を走りましたが、やはり運動することは良いことですね。
私の走り方は、Slow Long Distance (SLD)と言って、非常にゆっくりしたペースで比較的
長い時間走るという方法です。ポイントは長い時間、ということで、1時間は走った方がよい
ということらしいです。そして、ゆっくりしたペースで走りながら会話ができるくらいの速度
が目安なのです。そうすることで、何時間走っても大丈夫な身体になっていってマラソンも
できるようになることが目標です。
身体にとって良いことは、毛細血管まで血液の循環が良くなること、また、心肺機能の向上と
足腰の筋肉をつけることが可能なことです。

私にとっては、この方法が楽で長続きする秘訣になっています。そして、時々は走らない日が
続くことがあっても、長期的に見て続けられることが利点になっています。
ところで、今朝、走っている時に気づいたのは、昨日、EMDRをしていてアメリカの大学の
留学を終えて帰ってきた時のことに関して、アメリカの大学にいるときに、日本に帰らないで
大学生活を続ける選択もできたはずだ、ということに気づいたのですが、しかし、問題として、
その時にお金がなかったことが選択の一つの要因になっていたことを思い出したのです。
しかし、今朝気づいたのは、お金がなかったとしても、もし本当に本気でアメリカの大学で
勉強を続けたいと思っていたら、その気持が本当に強かったなら、何かそのお金を手に入れる
方法を本気で探したのではないかな、ということです。

例えば、色々な奨学金制度とか、学生のローンとか、親のスネをかじるとか、働きながら
学ぶとか、色々方法を考えることはできたはずだ、と思ったのです。ですから、結局、その
選択をしなかったのは、自分のアメリカの大学でもっと学び続けて、その先はアメリカで
働きたい、というはっきりとした明確なビジョンがなかったことが原因なのだろう、という
ことに再び気づいたのでした。

そういうふうに、過去の自分の思いが通らなかったことについて集中してEMDRの
セルフエクササイズをしていると、すごく自分の分析ができて来るので素晴らしい、と
思っています。

そして、今朝も、その部分についてEMDRのセルフエクササイズを始めたのですが、そうしたら、
今度はまた予想に反して、左側の下の方にまだある漠然とした不安というか、気持ちの悪い
恐怖のようなものに焦点が行ったのです。それして、そこから浮上したのは、
アメリカから帰国して日本の会社に入って数年後に、退職してフリーになっていた時に
牧師のカウンセリングを受けたときの経験が、私にとっての恐怖の記憶としてそこに
あることに気づいたのです。

何故、恐怖かというとやはり、思い出したくないので、無意識に押し込んで考えないように
して意識に浮上させないようにしていたからかな、と思います。
なので、その記憶の中にまだ整理できていない感情とか、どう考えたらいいのかわからない、
という混乱した感情がイメージとともにそこにあるのだと思います。
それで、その記憶が出てくるに任せながらEMDRをやっていたら、再びその牧師のとった
行動について、私の中ですごい反発感とか、どう考えたらいいのかわからない、というような
混乱した感情と記憶が浮上してきたのです。まだ、この部分が整理されていないようです。
まだ、十分にプロセスされていないのだと思います。

また、一昨日と昨日は、遠藤周作の「海と薬草」という小説を読んでいたのですが、その
中でも、主人公っぽい人が遭遇した出来事について、あまりにショッキングで「どう
考えたらいいのか分からない。」と言う場面があったのです。
まさに、自分の予想を超えた出来事に遭遇して、混乱した状態で、「どう考えたらいい
のかわからない。」という言葉が出てきたのだと思います。
私のその体験も、「どう考えたらいいのかわからない。」というショッキングな出来事に
遭遇したのだと思います。

それは、牧師として、あるいはカウンセラーとしてあるまじき行動だからです。
その部分がどうしても、未だに私の中で消化しきれていないのだと思いますが、
それは多分、まだ、私の自我が十分に自分を確立していなくて、自分の考えがまとまって
いないからだと思いますので、さらに掘り下げて行かない部分なのではないかな、と
思います。

最近、ある少年殺人犯が出版した書籍について色々な批判的な記事が出ていて、それを
読んでいたら、その少年がまだ贖罪の心境に至っていなくて、内容が浅い、という
批判が出ていましたが、確かに、問題を掘り下げて考える、ということは、
自我が未発達な状態あるいは、歪んだ自我が育ってしまっている場合(自己愛の強い
未熟な自我)にはなかなか到達できないことだろうな、と感じたことです。

この遠藤周作氏の作品も犯罪を扱っているのですが、何か人間を掘り下げようとしている
ことは感じられます。

私も、左側にあるものを見たくない、というのは自分の闇の部分を見たくない、という
気持ちがあるのだと思いますが、まさにそこを掘り下げることが必要なのかな、
と思っているところです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分は幸せになる権利があるのだ、と思いを変える必要があるようです [EMDR]

こんにちは!

さっき書いた部分の続きなのですが、

要は、両親に申し訳ないと思ってアメリカ留学を終えて帰国した記憶が意識に浮上した
ことについてですが、、、その申し訳ないと思ったといっても、意識ではっきり思ったのではなく、
その時すでに無意識下での動きとしてそういう感情がが湧き上がっていたということなのです。

ですから、全く理性的な判断ではなく、私の中の無意識下の子供の部分がそういうふうに反応していた
ということなのです。ですから、すごく非合理的な感情だったのですが、それに従ってしまった、
ということなのです。

それに従ったことがそもそも自分の本来の欲求に反することを自分でしているわけで、
それがブロックになっているわけです。
その部分について、EMDRのセルフエクササイズをしているのですが、そこには自分が親に
対して負い目を負っているという幼児期の非合理的な思いと感情があり、自分を殺すことで
親に受け入れられようとしていたので、その部分を逆転して、親と自分を切り離して、別個の
人格として、私は自分の力で幸せになる権利があるのだ、という風に思いを変えていかないと
いけないのだと分かってきました。


*********

ここで、EMDRのセルフエクササイズを行う。

*********


この、何故、私はアメリカ留学を終えて日本に帰国したか、ということ、そして、その後も
何故、アメリカの大学に戻りたい気持ちがありながら、ずるずると現状に甘んじていたのか、
ということに集中して、自分自身を分析するためにEMDRのセルフエクササイズをしたところ、
気づいたことは、

結局、その当時、私の、自分はどうしたいのか、という決意のようなもの、意思のようなもの
が曖昧だったのだ、ということに気づいております。

思いが、散漫だということでしょうか。また、迷いがある、ということでしょうか。
優柔不断であった、ということでしょうか。
ともかく、そうなってしまった原因は自分の中にはっきりとした未来の目標というか
ビジョンがなかったからだ、としか思えません。
それを思い描く思いが十分に強くなかった、ということでしょう。
それだと、目標を達成することができないのだ、ということが当時の反省として
分かってきました。

もう少し、その辺を自己分析して行く必要があるように感じました。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカ留学から帰国に至った部分の無意識下の動きが明確化してきている感じ [EMDR]

こんにちは!

今日は、午前中、地域の健康診断があり、行ってきました。
小さなコミュニティーなので知っている人の顔がちらほら、あちらにもこちらにも
有りました。

東京という大都会に長年暮らしたあとで、こんな田舎に引っ越して、数年過ごして
みるのも面白いものです。

さて、EMDRのセルフエクササイズをこのところ、またやっているのですが、
色々なことに気付かされています。

1つは、私がアメリカ留学を終えて、日本に帰ってから東京のある会社に就職した
時に、すごく大きな文化的、精神的、日常生活的なギャップがありすぎて、その頃から
精神的な病になっていたと思うのですが、その大きなギャップがあった時のことを
思い出しながらEMDRをしていたのです。

とりわけ、その頃の苦しみとしては、私はアメリカの大学生活、留学生活、さらには
アメリカでの生活自体が大変気に入っていて、私の性格にもあっていて、大変楽しかった
ので、日本に帰って、日本の会社に就職してからの生活が耐え切れないものに感じられて
いたので、できることなら、アメリカの大学生活に戻りたい、と思って苦しんでいたのです。

で、その時に、会社をやめてアメリカの大学に戻る決心をしなかったことで、私は選択を
間違ってしまった、と思って、自分を責めていたのです。しかし、自分のやりたいことを
やる力が出なくなってしまっていたので、そこですごい苦しみになっていたのです。

それで、これまでは、日本に帰ってから以降の会社勤めをしていた頃の自分の状態が原因だ、
と思っていたのですが、実際は、アメリカの大学生活をしていた後半において、すでに
日本に変えるという選択をしていたのでした。そして、アメリカの大学生活を続けたい、
という欲求はすでに、別の、日本の両親に申し訳ない、という感情によって打ち消される
ようになってしまっていたのです。

それを思い出して、つまり、私の心が弱くなりだしたのは、日本に戻って会社に就職して
始まったことではなく、すでに、アメリカの大学で留学生活をしていた後半において始まって
いた事を思い出したのです。

その頃に、私がなぜ、そういう日本の親に申し訳ないという気持ちになりだしたのか、という
ところを集中して解明していかないといけないと思ったのです。
そのころにすでに、本来の自分とは別の、自分を攻める自分が出てきて本当に自分のやりたい
ことを求める自分が抑えられ始めていたので、その時、本当は自分はどうしたかったのか、
どうしたらよかったのか、どういう選択ができたのか、を考えながらEMDRをすることにしたの
です。

それで、その本来の自分の進もうとする方向を止める力が働いていたところのブロックを外して
行きたいと思っているのです。

それで、今朝はまた、父親のイメージが出てきました。
そして、身体の左側に恐怖があるようです。
やはり、父親に対する感情のもつれがまだあるのです。本当に父親に心を開いて
いなくて、父親を避けようとしているようです。そして、父親に対する感情がすごく
居心地の悪いものなのですが、その父に対する複雑な気持ちの悪い感情が解きほぐされる
ことが必要なように感じます。

まだ、父への恐怖とか、そういう気持ち悪い感情が父のイメージと一緒に出てくるからです。
それは、左側の身体の側面にあり、今もすごくそこが痛くなっているのです。

左のしたからまた、私が子供の頃の父親のイメージが出てきているようです。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

忘れていた人や場所の記憶が浮上 [EMDR]

こんにちは!

今朝の目覚めも、昨日と同じようで、すごく身体の左側でこれまで意識に浮上していな
かった無意識の部分が浮上してきているような感じで、すごく左側が痛くて苦しかったです。

その中で、このところずっと思い出すことのなかった、忘れていた人の記憶が
鮮明によみがえってきましたが、それは、同じ牧師のカウンセリングを受けて癒やされた
という女性のことです。その人は私よりも7~8年まえ?にその牧師のカウンセリングを
受けて心の病が癒やされたと言ってその牧師の弟子みたいなって、カウンセラーだと言って
その牧師と一緒に働いていたのです。

私はすっかりその人のことは忘れていたのですが、急今朝の目覚めに思い出して、
色々な記憶がよみがえってきました。他にも、その牧師からカウンセリングを受けていた
人のことを先日は急に思い出して記憶がよみがえってきたりしました。

ともかく、記憶がよみがえるのは良いことだと思います。

そして、今朝も少しEMDRのセルフエクササイズをしていたのですが、今度は、アメリカで
過ごした大学留学時代とか、あるいはそれ以降にアメリカに滞在した時の記憶とかに
焦点が移っています。

その頃の記憶も実は、ずっと思い出していなくて、影が薄れてしまっていたのですが、
私にとっては、プラスの感情を抱いていた記憶なので、その記憶をよみがえらせる
ことは自分のセルフイメージにとっても、これからのやりたいことを考える上でも
必要なことだと思います。

忘れていることがあまりに多くて、でも、今、ありとあらゆる記憶が浮上しかかって
いるので、それらの左側に埋もれている記憶を浮上するようにEMDRのエクササイズで
やってみたいと思っています。

何故、それらの記憶が埋もれてしまったのか、不思議なことですが、楽しかった記憶
なので、浮上してくるようにしたいと思います。

また、これまでも色々なことに気づいており、全てがマイナスではなかったのだ、
ということや、自分が認識していなかったことなど、プラス面も意識に浮上して
きているので、良いことだと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

身体の左半分に人格のダークサイドが意識に浮上 [EMDR]

こんにちは!

昨日もEMDRで色々なことに気づいて、眠ったせいだと思いますが、今朝の目覚めの時に
また、ものすごく身体の左側に向かって意識というか、エネルギーが突き進もうとして
戦っているのを感じて、そこに身を任せていたのですが、すごく苦しくてしばらく
起きられませんでした。

でも、色々な忘れていた記憶とかが出てきて、整理されているようなので良いことだと思います。
感じるのはやはり、これまで記憶が断片化していて、情動と記憶がバラバラになっていた
のが、確かに整理されているように思いました。すごく、混沌としていたのが少しずつ、
理性的に整理されているように感じます。

まるで、記憶が脳の中でファイリングされている感じです。

そして、今もまたEMDRのセルフエクササイズをやっていたのですが、自分の左半分に
過去の記憶が蘇ってくるのですが、特に今は、自分があえて見たくないような自分の
内面を見つめなおしていて、それを見ると、自分がいかに間違った考え方をしていたか、
とか、現状認識を誤ってしていたか、ということが分かってきます。

そしてさらに、自分の中のダークサイドが見えてきて、そんな自分は見たくないなあ、
という気持ちになってくるのです。自分の嫌な面が見えてくる、ということです。

でも、そんな自分を見ると自分の罪深さを見ることになり、自分の罪深さを許してくださるのは
イエス様で、その救いがなければ生きていかれない、ということを感じるのです。

だから、本当の自分に気づいたらそういうことになるのかな、と思います。
自分を自己正当化ばかりしていたら、そういうふうにならないのかな、と思います。

で、自分の左側に見えてくる自分のダークサイドをしっかりと認識することが必要なのだ、
と感じています。

で、自分のダークサイドが見えたら、人のダークサイドも見えるようになるのでしょう。
そして、その自分が許されていることが分かったら、人のそういう部分も許せるように
なるのかもしれません。
そして、それを変えることが必要なのだ、とわかってくるのかもしれないし、気づいたら
意識が変わるのかもしれないと思います。

ともかく、頭のなかの脳の回路が変化しているせいか、すごく変な感じもします。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。