So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

子供のころに子犬のシロが車にはねられた悲痛な記憶が浮上 [トラウマからの開放]

こんばんは

今日は二度目の投稿です。
今日の午後、誘導瞑想をしていて、ともかく、このところ子供のころの悲しい記憶が改めて深いところから悲しみとして浮上してきているので、さらにその悲しみの記憶が埋もれているらしい体の左側の肩の裏のあたりにエネルギーを送って、何かが浮上するのに任せていましたら、今回は、何となく子供のころに生まれて初めて住んでいた家の様子が浮かんできて、それと同時にその家に住んでいたころに家で飼っていた、初めて飼った子犬のシロのことを思い出したのです。

今も、これを書いていると本当に悲しくなって涙が浮かんでくるのですが、その私たち子供の3人が初めて子犬を飼って、白っぽい雑種だったのですが、シロと名付けて可愛がっていたのです。

そして、子供のころは田舎で、夏休みはプールでなく、川で水泳をしていたのです。
そして、親が交替で見張りをしていたのです。

恐らくその時は母が当番で子供はそれぞれ自転車に乗って、母も自転車で川まで泳ぎに行って、その時にシロを放して私たちが自転車で行く後についてくるようにしていたのです。

それで、川で泳いで、みんな自転車で家に帰ってきたのですが、後ろをついてきていたはずのシロが待てど暮らせど戻ってこないのです。
それで、皆で心配して、歩いてきた道を引き返していったところ、家から150メートルくらいのところで、シロが車にひかれて死んでいたのが見つかったのです。

シロは頭を車に引かれたらしく、頭が少しつぶれたように平たくなっていました。
それを見たとたんに、私たち3人兄弟は火が付いたように鳴き声を上げて、これまで泣いたことがないようなものすごい大きな声で制御できない大声で泣いて悲しんだのです。

そのシロのことは、私の中でも本当に悲しい記憶として残っていて、忘れることができなかったのです。
それが、今回、なぜか再びその悲しさがその時のままによみがえってきたのです。

恐らく、やはり、親に甘えて悲しみを受け止めてもらって、慰めてもらうという経験がないために、本当に悲しみを出し尽くして立ち直る、ということをしていなかったのかもしれません。

ともかく、その心の傷が解決されないままに残っていたのです。

自分の中でその悲しみを解決できないまま、抑え込んでしまったものと思われます。
そういう悲しみは解決しないと、傷のままに残ってしまうもののようです。

その悲しみを理解して、そのような自分の心の傷に対してどのように対処したらいいのか、というのは、本当に誰か理解のある大人(親)が、話を聞いてくれて、自分の心の中にあるものをすべて話して心の整理をして、乗り越えて行くことが必要なのだと思います。

しかし、私は親に自分の悲しみとか本音の気持ちを話して、理解してもらったり、親と話し合ったりするということが全くなかったために、総ての悲しみを自分ひとりで抱えて行かなければならなかった、というそれが問題だったのだと思います。

理解のある大人に、悲しみや色々な感情を話して、受け取ってもらって、理解してもらって、話し合って、その傷をいやしていくことが必要なのです。

それがなかったために、その時の子どもの時のままの感情がそのまま記憶の中に埋もれてしまってうずいていたものと思われます。今、その時の自分の子どもの気持ちに対して、大人の自分がその気持ちを理解して、わかる範囲でその悲しさを包み込んで、ペットの霊魂も生きてまた向こうの世界で再開できるのだ、ということを子供の自分に話聞かせて、その傷をいやしてやることが必要なのだと思います。

ともかく、そういう風に、身体の左側の中に、これまで、特に子供のころに親との心のきずながなく、感情レベルのコミュニケーションがなかったために(むしろ感情レベルのコミュニケーションを拒否されていたために)、色々な悲しみや、悲痛な体験を子供の心のなかで癒されないまま、自分ひとりで抱え込まなければならなかったために、その時のままで埋もれてしまった記憶や感情があるのだと思います。

ともかく、そういう風に、ものすごく悲痛な感情も、親が理解してくれて、癒してくれていればよかったのですが、そういう助けが全く親から与えられなかったことが、トラウマとなって埋もれているようです。

もう、どんどんと、辛かった記憶と痛みを浮上させていくことが必要なのだと思います。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幼児期に母から屈辱を受けた記憶が浮上 [トラウマからの開放]

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は実家の母に会いたくないので実家には戻らず、自分でおせちを少し作って、お正月を静かに過ごしています。黒豆の煮豆はスロークッカーですごく上手にできました。それから、きんとんも、サツマイモをゆでた後つぶして裏ごしに掛けたらすごく滑らかになりました。この前裏ごしに掛けないでスイートポテトを作ったらスジがあり過ぎたので、裏ごしに掛けないとダメだと思い、チャンと裏ごししたらすごく滑らかになり、スジが全くないので成功です。

このお正月休みは、思う存分誘導瞑想をして、過去の痛みをできるだけ意識に浮上させて浄化させたいと思って励んでいます。

そして、昨晩の誘導瞑想の時か、あるいはその後から今朝の目覚めの間の、いつだったか忘れたのですが、ともかくすごくまた左側が耐えがたくなり、それを耐えているとまた、深いところから幼児期のある出来事の記憶とその時の感情がその時のままで湧き上がってきたのです。

それは、やはり、幼児期にものすごく自分が傷ついた記憶でした。

その浮上した記憶とは、幼い時に実家では店をしていたので母がお客さんの相手をしているときに母を呼んでもすぐに来てもらえなかったことがよくあったのですが、その中でも痛烈な記憶が浮上したのです。

それは私がまだ本当に幼かったときのことのようです。というのも、お風呂に入った後、自分で体をふいて出ることができないくらいに幼い頃の記憶だからです。なので、お風呂からあがろうとして、母に身体を拭いてもらおうとして、母を呼んだのですが、何の返事もなく、私はものすごく泣いて母を呼び続けたのですが、母が店に出ていて、返事もしないし、全く姿を現さなかったのです。

それで、私は泣き疲れて、裸のまま母を呼びながら泣いて店に出て行ったのです。
そうしたら、そこには母とお客さんがいて、私を見て笑ったのです。
私はまさかそこにお客さんもいるとは思わなかったので、裸であることが恥ずかしくなって手で隠したら、ますます笑われたのです。

その記憶が浮上して、ものすごくその時の悲しさがよみがえってきて、それが単なる記憶としてでなく、本当に悲しくてつらいものとして、ものすごく悲しくつらく、痛みが激しく、その時に戻って泣けてきたのです。

それは、私にとってはものすごく傷ついた出来事だったようです。
そして、その時の痛みがそのまま残って体の左側に埋もれていたようです。
それが誘導瞑想によってよみがえってきたのです。
そして、その本当に幼児の時の自分が辛くて、恥ずかしい思いをしたこと、そしてそれを笑われたことで非常に屈辱感を味わわされて、自分がかわいそうだと思ったこと、すべて浮上してきたのです。

しかし、その時にはあまりに恥ずかしくてそういう悲しい気持ちを抑圧してしまったようです。
そういう自分の気持ちを分かってくれ、共感してくれる母ではなかったため、私は自分の本当の感情をそこで出し切って泣いて本来の自分の健全な気持ちに戻ることができなかったものと思われます。

本当に悲しい体験をしたときに、その悲しさをありのままに共感されて、自分で味わいつくして、それを分かってもらえる人に包まれてこそ、その時の幼児の私は自分は大丈夫だ、愛されている、自分の感情は間違っていない、私の欲求は間違っていない、と思えて、自分と言う感覚を維持できるのだと思います。

それが、私の場合は、誘導瞑想をしていて分かってきたのですが、自分をものすごく否定しているのです。ものすごく、自分を全面的に否定して、非常に否定的であることが分かってきたのです。

また、自分の人格の核の所が本当にめちゃめちゃになっていて、その部分が真っ暗で整理されていないことが分かってきたのです。というか、その部分は抑えられて死んだ状態(仮死状態)になっていたようです。ものすごい自己否定です。

それが、親から「自分であるな」というメッセージを受け続けた結果だったのです。
幼児期の自分が受けた傷があまりにひどいことが分かってきたのです。
それは、自分の自尊心と言うものが完全に打ち砕かれたのです。

この出てきた母の態度から私が受けた感じは、つまり、私の感情や欲求は、価値のないものだ、というメッセージを母から与えられていたのです。それで、私の欲求や感情は、価値のないものだ、と思い込んでそれを出せなくなっていたものと思われます。また、それを出すと拒否されて傷つくのだ、と思って恐怖のために出せなくなっていたのです。

それほど繊細で、傷つきやすい感情が、完全に母によって打ち砕かれて、傷つけられて、無意識の中に押しやられていたのです。

やっと、今になって、リサ・ロマノさんの言っていることが分かってきました。
リサさんは誘導瞑想のビデオを作っている人で、私が誘導瞑想をするのも、今のところは全てリサさんのビデオでやっているのですが、彼女が、言っていることが分かってきたのです。

つまり、機能不全家族の中で育った人は、自分の中の痛みを否定するように親から仕向けられて、自分で自分の中の痛みを否定しているのが問題であり、その痛みの記憶を思い出して、その痛みを感じることが必要だというのです。

やっとそのことが分かってきました。
私も痛みを避けることをしていたら、前に進めなかったのです。
ともかく、自分の身体の左側の心臓のところ、つまり、ハートチャクラにものすごい痛みが溜まっていたことが分かってきました。

それは、行けども行けども痛みの記憶の集合です。
でも、それは機能不全の親から乳幼児期にまったくその私のありのままの感情に共感できず、無視し続けた親から受けたものなので、痛みが溜まっているのが当然なのです。

感情のレベルで、本音の部分で愛された、感情が分かってもらえた、共感してもらえた、愛された、という感情を味わったことがなく、味わったものと言えば、分かってもらえない、という傷と痛みと苦しみと、悲しさなので、それ以外のものはないのです。しかし、それを分かってもらえなかったので、自分の中で痛みを否定しているのです。それは分かってもらえなかったので抑圧されてしまったのです。
自分と言うものが持てなかったのです。

だから、ともかく、その痛みを味わいつくして、突き抜けるしかないようです。
でも、色々と分かって来て、その中で自分と言うものの感覚が出てきそうな気がしてきました。
自分と言う感覚がないと、自分がオーケーで、自分はこれで十分なのだ、と言う感じが出てこないのだと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。