So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

左側に自己嫌悪の不快感があるのです [トラウマからの開放]

こんにちは!!

最近、新しいことにチャレンジしているのですが、そういうことになると
いろいろと失敗したり、拒絶されたりすることもあるものです。

自分を守ろうとして、自分の虚栄心とか自我とかそういうものが弱くて
殻をかぶっていたところから出かかってそして、拒絶されると
すごく自己嫌悪になったり、自信を失ったりしてしまうようです。

そして本当に自分はダメだとなってしまうのですが、特に体の
左側のところですごくその弱い自分があるようです。

また、その自分をかばっていたためにこれまで見えなかったものがあるようです。

それが、少しだけでかかってきているようです。

本当に自分の中が入れ替わっているので頭の中で混乱が起こっているようです。
だけども、とにかく自分の好きなことをやれるようになるまで自分の本来の
自分を育てていくしかないです。

これまではその核が生きられなかったし、意識に浮上しなかったのですごく
自分がばらばらになっていて収支が付かなかったのです。だから、集中
できないし前に進めなかったと思います。

今も、注意が散漫になって一つのことに集中できない傾向はあるのです。

本当にそれが私の自分がやりたいことをやる力を妨害していると思います。

でも、内なる核の力が強くなれば、それを制御して自分をまとめていくことが
できるのかな、と思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本当の自分がどこにいるのかが、はっきりしないんです [自己一致(統合)するために]

今晩は

さっき書いたばかりなのですが、書き終わったところで、全然今の自分の
状態をかきたらなかった気がしたので続きを書きます。

その書足らなかった感じというのは、今の自分がだんだんとこれまで無意識に
押し込められていた自分の子供のありのままの部分が出てきているせいなのでは
ないかと思うのですが。。

これまでずっと、本当の自分が生きられなくて、ずっと仮の自分で生きていて
それがすごく不自然な感じで本当の自分が生きていなくて、うその自分が
生きている感じがしていたのです。

それが、仮の自分で、もしかしたら、超自我が自我の代わりをして生きていたの
ではないか、と思います。

その超自我とは、父親を、また母親を取り入れた自分なのかもしれません。
今も時々私の中で父のイメージが出てきて記憶がよみがえるのですが、そういう
父に自分を譲って生きていた幼児期があるので、父に対して本当の自分というものを
表すことができずに、父の顔色や気分やそういうものを見てそれに合わせて生きていた
という自分が今も、自分の代わりに生きていたのではないか、と思います。
だから、なぜか、自分のしたいことがあってもそれを実現することができずに
それを実現する方向に頭が働いてくれなかったのです。
体が動かなかった、と書こうとしたのですが、体を動かしているのもそれに指令を
与えているのは脳なので、脳が超自我に支配されていて、自我を乗っ取ってしまって
いたので、自我が出てくるほどの力をつけていなかった、超自我が強すぎたという
ことなのではないか、と思います。

父を許そうという気持ちが出てきたということ自体、超自我に取り入れていた父親と
自我の中に仮死状態で固まっていた子供の部分の本来の自分とが、やっと二つに分かれて
分化してきたのではないか、と思います。

これまではその子供の自分が出てこられなかったので、父親が自分とは別の存在として
認められなかったのだ、と思います。

つまり、父と自分とをはっきり別人格としてわけることができなかったのです。
すごく、今考えるとひどいことだし、つらいことだと思いますが。。。

幼児期に父から怖い態度で怒られてそれが心に響いてそこから立ち上がれなくなって
いたようです。

ともかく、その感じる心さえ麻痺してしまっていたようです。
それから、その記憶や痛みを避けるためにいろんな人とのかかわりから自分が
避けてきたことを思い出したのです。

ともかく、それが今変わってきていて、自分の中の左側にさらに目を向けていて、
感情というものが出てきていて、感じる力が出てきていて、子供の部分がでてきて
いるようです。

これまで、どうしても読めなかった本とかも読めるようになって、読んでも何も
面白さが感じられなかったものが、その面白さが分かるようにもなっています。

また、幾何学的な感覚がよみがえっているようにも感じますので、いつか、
数学の問題が解けるようになっているか理解できるか試してみたいと思って
いますが。。

ともかく、それで、これまで自分の代理人が自分の代わりに生きていたので
どうしても自分が生きている感じがしなかったのですし、また、どうしてか知らない
けれど、やりたいことができなかったのですが、今、その古い自分の殻が壊れて
いるので、いったい自分はどうしたいのか、がますます混乱しているかも
しれません。

でも、また、ここで殻を破ることができたら、また、これまでやりたくてもどうしても
できなかったことができるようになるのかもしれません。
でも、すごく怖いことも確かだし、何か、混乱していることも確かで、自分が一体
どこにいるのか、自分は何なのか、分からなくなっています。
古いものが壊れているせいかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先日は父親を許す気持ちが初めて出てきました [父との関係]

こんにちは!!

すごく久しぶりでこのブログを書いているような気がします。

みたら、最後のエントリーは7月の8日くらいですね。
その頃の内容を見ると、ずっとEMDRをやって心の中のつらい記憶とか
いろんな引っかかっていることとかを思い出して、そこから解放されようと
していたようで、かなりそれはそれで進んでいたようですね。

それで、なんでブログかそこから切れているかというと、そのあと7月11日ころから
ちょっと違う仕事というか、試みを始めていたのです。

そして、それがなんだか自分にとってテストのような感じで、、、、
というか、恐らくそのころ、あまり仕事も来なかったので、収入のことも考えて
ちょっとできるかな、と思ってやっていたのだと思います。

もう、3か月以上前のことなのではっきりとその時の状況を思い出せませんが。。。

だけど、EMDRをやって少し自分を縛っているものが解けて、これまでどうしても
自分に自信がなくて怖くて一歩前に出ることができなかったことを、とにかくやって
みよう、と前に進みだしたのだと思います。

それで何か自分を賭けているみたいな気持ちで、なにかがむしゃらにやっていたようです。

そして、それに集中していたので、ほとんど他のことが手につかなかったようです。

そして、8月半ばにインターネットの接続の問題が発生したりして、そのあといろいろ
問題が発生して、9月の半ばまで自宅でのネット環境が不安定になってしまい、
その始めたことも、ちょっと困ったことになったり、していました。

新しく始めたことはなれないこともあり、失敗したりしつつも何とかやって少しは
成果があったと思っていますが、なにしろ、すごい時間をかけてやっていたので、
大変疲れました。。

ともかく、いろいろあったのでこのブログを書く暇もなかったのですが、
そんなことで、新しいことに集中していたため、それまで考えていたような
心の中のことも考える暇がなかったのです。

でも、新しいことは、これまでの私の仕事とは全く違う部分の脳を使うような
ことだったので、右脳を使っていたかもしれません。
何か、これまでと違うという感じがしていました。
そして、いろいろと大変ではありましたが、少し前から、目覚めのときとかに
再び無意識のほうから気づきが浮上するようになったのです・

そして、もう少し前のことになってしまいますが、目覚めたときに私は
ついに父親をゆるそうという気持ちが浮上してきたのです。

これまでは、父親を許していないということさえ気づいていなかったのです。
というか、それが自分で左右できるような状態ではなく、多分子供の部分の
自分がずっと固まって感じることさえできなくなっていたのだと思います。

それが、私は小さいときに恐らく父をシャットアウトするようになってしまったのだと
思います。
多分、愛されたくてもそれにこたえてくれないために、父をシャットアウトして
父親とのコンタクトを拒否していたのだと思います。

そして、父親を許さない気持ちが固まっていったのだと思います。
それが、数日前にわかって、私は今父親を許そうと思ったのです。

そして、マイナスに否定的にしか見ていなかった父親をプラスの部分から
見ようとしていることに気付いたのです。
父への感謝の気持ちが少しわいてきたのでした。
そして、これまで父を完全に避けていた自分に気づいたのです。
というか、多分心の中で許せなくなっていたのだと思います。
だから、本当に私の心の中では父との関係が悪かったのだということが
わかるのです。

そしてそれを認めることさえもできなくて、多分頭の中が混乱していた
のだと思います。

それが、父を許そうという気持ちが出てくるようになって、自分の中から
自然の感じる心がよみがえってきているように感じます。

また、それはこれまで私の中で機能していなかった脳が機能しだしているのかな、
と思います。

それも、右脳の働きなのかもしれませんが。。。

でも、すごく変だし、よくなっているのか悪くなっているのかわからない部分もあります。
多分、これまで怖くて入っていかなかったところに入っていっているのかもしれません。
でも、それは、本当の自分になるのが怖かったのが、今はもう、どんな目にあっても
本当の自分になろうとする本能が働いてきて、自分が生きようとしているのかも
しれないな、と思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。