So-net無料ブログ作成

幼い時に父親に拒絶されたために意識が乖離していたことが判明 [トラウマからの開放]

おはようございます。

久しぶりにブログエントリーしています。

この間にもいろいろなことがありました。

社会的には、アメリカの大統領選挙があり、ずっと私はネットで状況を追っていましたが、
アメリカの福音主義的なクリスチャンの間では、トランプが大統領になるという予言が
あちこちで出ていたとともに、トランプの周りにクリスチャンのリーダーたちが大勢集まって
トランプに助言を与え、トランプの選挙公約の中でアメリカのクリスチャンの立場を
擁護する公約がたくさん盛り込まれていたため、福音主義およびカリスマ派の
クリスチャンの多くがトランプを支持しており、私も一生懸命、心の中で
トランプが大統領になるように応援していたのです。

それで、毎日ネットやYouTubeのビデオで現地のFOXニュースを見たり、いろんな
解説を聞いたり、それにディベートを実況中継で見たりしていました。

それで、本当にトランプが勝利するのを願っていて、クリスチャンによる神様からの
預言があったとしても、それが現実になるまでは気が気でなく、ニュースにかじりついて
いたのです。

その間も、仕事が忙しかったりして、その合間にもネットにかじりついていました。

それが、現地時間の11月8日に投票が行われ、開票が夜を徹して行われ、
各ネットワークが実況中継していましたが、夜中の3時ころにトランプの勝利が宣言されて
大喜びになったということでした。

私も本当に信じられない思いで、その後もずっと喜びに浸っておりまず。
現地ではトランプの就任準備が行われており、そのニュースと共に各地でトランプに
反対するデモや、暴徒化した人たちのバイオレンスのニュースもあり、
その後もずっとニュースや色々な選挙後の状況を追っているところです。

前回のブログの投稿したときには、人の魂は永遠であることを確信していたところだったのですが、
その後、仕事が忙しくなっていたことも事実です。
大統領選に集中しているときに、クリントンの悪事を知れば知るほどひどいこともわかってきましたし、
ジョージソロスという影の政府というものの存在も分かってきたり、いろいろ
知らなかったことが分かってきました。

一方で、私のトラウマの部分も毎日少しずつはがれて行って、隠されていたものが
あらわになってきているようです。

その一つが、特に父親から幼い時に拒絶されたために私の人格の核ともいえる部分、
そして、本来の感情と言える部分、人格の核になる愛情というエネルギーの中心になる
人格の核の近くにあるところが、拒否されてそれを幼児期の自分が受入れられない
耐えられないものとして抑圧して、無意識の奥底にしまい込んでしまっていたことが分かってきたのです。

そして、そこに行くのが耐えられなくて、それを避けるためにいろいろな精神的なトリックをしていた
ことが分かってきたのです。

今朝目覚めの時に感じたのは、その父親から自分が拒否されているという感情があまりに
耐えられないものであり、苦痛な感情であるために、その自分の感情に向き合うことができず、
それを見ないで、空想の世界に逃げていたのだということが分かってきたのです。

そうすることで現実から逃避していたのだろうと思います。

それが身体の左側の奥の方にあるのが意識の中に出てきているのです。

すごく耐えがたいもので、実際の痛みとして出てきているのです。

それと同時に、以前に牧師からカウンセリングを受けていた時の記憶がよみがえって
いるのです。

その時の記憶も耐えがたいものとして無意識に押し込んでいたようですが、
それがいろいろな受容と拒絶の体験の感情としてよみがえっているのです。

すごく、その父親からの拒絶の感情を幼児期に処理できなかったために混乱して
しまってそのまま無意識に押し込んだためにその感情が当時のままで埋もれて
いたことが分かってきました。

そのために、拒絶されるという恐怖がずっと残っていたものと思われます。
その部分の傷がずっと後に残って影響していたものと分かってきました。
そこに感情の混乱が起こっていたのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感