So-net無料ブログ作成

自分の中心が左にシフトしている感じ+昨晩の夢はフラストレーション [睡眠中の気づき]

こんにちは

また、久しぶりのエントリーになります。

調べてみたら前回は1月25日に書いているので、2か月ぶりのようですね。
その間にもいろいろありましたが、
まあ、2月は新しく始めた仕事(ビジネス?)のほうにエネルギーを注いで
頑張っていたようですね。
それでも、一方では、翻訳のための新しい翻訳支援ソフトのバージョンに
アップグレードしたりして、翻訳のほうも昨年の秋~冬にかけて色々試して
最近のこととか情報を仕入れてみたり、外の世界をのぞいたりしたのも
刺激になってよかったようです。

その結果、翻訳支援ソフトのバージョンアップのこととか、最近の動向に少し
触れたり、また最近の情報を仕入れたのもよかったようです。

やはり、普段から情報を仕入れて、キャッチアップしていないとダメなようですね。
自分の居場所が分からなくなってしまったら困るものです。
でも、いろいろなことを通して、最近の翻訳の料金の動向とか業界の動向とか
調べたり、いろいろしていたおかげで、実際にいざというときに(つまり、仕事が来た時に)
適切な対応ができるように少しはなってきたかもしれません。

普段からの情報収集は必要だな、と思いました。
あと、いろいろな所に応募して、いろいろな経験をしたのもよかったかと思います。
でも、それも、多分、すべてがうまくいっていたら、そういう状況にならずに、必要も
生じないので、現状で甘んじていたかもしれないですね。

ともかく、翻訳支援ソフトのバージョンアップをしたら、そのあとすぐに大量の
翻訳の仕事がきて、3月はそれらの仕事でものすごい忙しくなってしまいました。

23日で一応それらの仕事を終えて今はほっとして、のんびりしているところで、
本当になんとか終えることができて良かったです。

その意味で、翻訳支援ソフトのバージョンアップをしておいて本当に良かったです。
しかも、バージョンアップの格安期間が延長されていたので、格安ででできたので
本当に良かったです。

そして、今の状況ですが、やっと、自分の中ではっきりと変化が起こっているのが
分かるようになってきたのです。

そして、多分体の左側に自分の幼児の感情があってそこが、幼児期にトラウマになって
しまっていて、そのトラウマの記憶と感情がその時のままに固まっていたのだということが
分かってきたのです。

それが、最近生き返ってきたように感じます。」
そして、眠っているときにそれが出てきているようです。
これまで、生きていなかったのが生き返っているので、凄く変になっているのです。

例えば、昨晩とか一昨晩とかの目覚めの前に見ていた夢は、両親に対して凄く
フラストレーションが出ていたようです。それは自分の言いたいこととか伝えたいことが
どうしても、両親に伝わらないというような夢だったと思いますが。
すごいフラストレーションで目が覚めて、そして、目覚めたときに体が硬直していて、
カチカチで動かないような感じでした。しかも、そこに恐怖があって、恐怖で固まって
いるような感じもあったのです。

たぶん、幼児期のトラウマのときに、両親に対する恐怖で体が固まってしまっていたの
かもしれません。

トラウマになった時の状態のままそこに止まってしまうというのも、恐怖で体が硬直する
ので、感情が固まってしまうのかもしれません。

ともかく、今そのことがすごく実感としてわかってきたのです。

また、今朝の目覚めのときには、目覚めの前に、またまた夢を意味ていたのですが、
結局その夢も最後はものすごいフラストレーションになっていたのです。
その中の夢では私が郵便局の窓口に行っていて、何か、相手に必要なメッセージを
送ってそれから、何か送金か、それとも何かを送らなければならないのだけれど、
どうしてもそれがうまくいかない、というところですごいフラストレーションになっている、
という夢でした。

その手続きがすごくややこしくて、それを窓口でやるのがすごくややこしくて頭に
来ているようでした。

そして、凄いフラストレーションで目が覚めたら、首の右側から頭の右側にかけて
すごくカチカチに固まっていて、凄く左の首が痛くて、動かなくなっていました。

きっと、そういう風に体中の筋肉というか、気の力というかそういうもので体の
色々な部分が緊張したり、引っ張り合ったりして、自分が不自由になっていたのだと
思いますが。

あと、最近、頭の左側がすこし開かれてきているような感じです。
多分そちらは感情の部分だと思いますが。
これまで、自分の中にどうしても入ってこなかったコンセプトとか、考えとか
素直に入ってくるようになっている感じです。

あと、これまでどうしても読めなかった本が、すんなりとはいって来て読めるように
なっている感じもあります。
例えば、カールギブランとかいう人のザプロフィットとかも、読んで通じるように
なってきたようです。

あと、先日、というか、先月かその少し前かくらいだと思うのですが、翻訳の仕事の
関係で、下調べというかそいう感じで、物理の簡単な本を読んだら、すんなりと最後まで
読めたのです。これまではどうしても理解できない部分があって、その先に進めなかった
のですが、今回はそれを全部最期まで一気に読むことができたので、多分頭の中の
論理思考の回路ができてきたのかもしれませんし、それを妨害というか阻害していた
部分が取れてきているのかもしれません。

翻訳の仕事の面でも、これまでと違って技術的な内容もある程度理解できるようになって
きているので、多分、頭の中の論理的な思考の当たり前に考えられる機能が回復して
来ているのかもしれません。

そうあってほしいし、もっと回復してほしいと思っているところです。
多分、トラウマになってその、部分が阻害されていたのが阻害が取れてきているのかも
知れないと思っているところです。す

左側が生きていたかったのが生き返っているのかもしれず今自分の思考がこれまで
右回りだったのが、だんだんと左回りになっている感じです。

また、多分これまでは自分の本音と表面的な思考とが完全に矛盾状態になって
いたと思うのですが、それが、少しずつ矛盾だということに気付いて、自己一致の
ほうに向かうようになってきている感じです。
それはすべて自分の気づきがおこるようになっているからなのですが、
ネットでクリスチャンのメッセージを聞いていても、前よりも本音に入ってきているようで、
実際にそのメッセージを聞いて、癒されたり自分の考えが変わったりしてきている
ように感じるのです。

例えば、Hope for the Heartのジューンハントさんのメッセージとか聞いていると
すごく自分が癒されて、自分のこれまで罪と思っていなかったことが罪とわかったり、
例えば、人を許さないことは罪だと分かったり、そして、それが
メッセージを聞いているだけで、分かってきて、自分が変わってきたり、
だんだんと、これまでどうしても、頭でしか分からなかったことがハートの中まで
入って来て、自分の考えとか感情が変わってくるようになっているようです。

たぶん、これまで理解できなかったことが理解できるようになっているので、
これまで読めなかった本もどんどん読めるようになるんじゃないかと期待している
所です。

クリスチャン関係の本とかも、これまでなぜかやはり読めないものがたくさんあったので、
これからどんどん読めるようになることを期待しているところです。
というか、何故読めなかったのかわからないのですが、やはり、心の感情のところが
開かれていなかったので、理解ができなかったのかもしれないです。
それが、、心が開かれて読めるようになっているのかもしれず、脳の回路がつながれて
いなかったのがつながれてきているのかもしれず、ともかく、だんだんと希望が湧いてきました。

また、気持ち的にもすごく、若返ってきている感じなのです。
多分、いろんな自分を止めていたもの(恐怖とか、不安とか、自信のなさとか、そいういう
セルフイメージの阻害要因)がだんだん取れてきているのかもしれないです。

幼児期のトラウマで止められていたものが、取れてきているのかもしれないです。