So-net無料ブログ作成

昨晩も朝までほとんど眠れませんでした [トラウマからの開放]

おはようございます

昨晩は、眠る前にもいろいろと無意識が動いて、特に体の左側から幼児期の父親の怒った顔のイメージと下から出てきている本来の自分の子どもの部分との間ですごい葛藤があったので、そのことはこのブログにも書いた通りです。

そして、誘導瞑想をして、うつらうつらして、それから寝床で眠ろうとしたのですが、全く眠れませんでした。その無意識からの噴出するエネルギーの力があまりに強かったのです。

そういう風に無意識からすごいエネルギーが出て、葛藤しているときは本当に眠られないことが多いです。

それで、寝床で色々と出てくる感情や思いや忘れていた記憶の浮上をそのまま味わっていたのですが、本当にひどかったです。特に、父親からの禁止令とか自分が拒否されて押さえつけられていたことの記憶が出てきていたからです。

また、ティールスワンさんが言っていたのですが、「私があなたのためにしてあげるから、その見返りにこうしてください。」というのは、愛ではなく、取引だ、と言っていましたが、まさに幼児期の私と父の関係は、そういう取引になっていたのだ、と分かったのです。そして、私の方からも、本当はありのままの自分を受け入れてもらって、ありのままの自分で父との愛に基づく関係を持ちたかったのだと思いますが、あまりにありのままの自分が否定され、拒否され続けたために、そして、そのありのままの自分を批判されて、決して受け入れられなかったために、私は父と取引の関係を持つしかなかったのだ、と分かったのです。

それが、幼児期に私が親から教えられた人間関係の基礎だったのです。
それが、現在に至るまで私の人間関係になっていたのだ、と分かったのです。
というか、親密な人間関係とはどういうものか、親から習うべきことを習うことができなかったのだ、と分かったのです。

そして、幼児期という初めての人間関係で、自分の感情を認められず、自分自身を常に批判され、拒否されていたために、親との関係も、取引関係になっていたのです。父親の言う通りのことをすれば、認められるけれど、ありのままの自分では認められないので、とにかく、自分を偽るようになってしまい、偽の自分で父親と接するようになってしまい、父の気に入るようにして、家に置いてもらって、食べさせてもらわなければならない、というまるで捕虜のような生活になっていたのです。

まさに、これがストックホルムシンドロームのようなものだったのだと思います。北朝鮮状態です。

それで、父との間に、暖かい人間的な感情が湧かなかったものと思われます。
そして、むしろ、本音の所ではものすごい父への嫌悪感と、憎しみと怒りが溜まっていたものと思われます。そして、それがひどくなって、その自分を押さえつけていたので、自分の中のものすごい怒り(殺意に匹敵するくらい強い怒りと憎しみ)を感じることが怖いので、それが恐怖になっていたものと思われます。

ともかく、ありのままの、嘘のない自分と相手との間で、人間関係の基礎を習うべはずの生まれた家庭の中で、自己愛性人格障害(診断されていませんが)の親に徹底的に自分を否定されたために、本来の人間関係の基礎を習得することができなかったのだ、と分かったのです。

それは、愛と親密さに基づく人間関係であり、自分を偽らなくてもいい人間関係の基礎をそこで習うはずだったのが、習えなかったのだ、と分かったのです。

そこで、自我が分裂して、自分で自分を偽るようになってしまったことが分かったのです。
それには、父の影響もものすごくあったことが改めて分かったのです。
何故なら、父に対しても幻想を抱いていて、父は良い父であって欲しい、父は私を愛していると信じたい、という子供の幻想があったために、本当の父の姿(欠点)に目をつぶって、父をそのまま認めて、逆に自分が間違っている、という風に、本来の自分の感情にうそをついていたからだ、と分かったのです。

それは本当にひどいことです。自分の本当の感情ではなく、父の感情が正しいのだ、と思わされて、父が私の人格の中に入り込んでしまって、父が私の身体を動かすようになっていたからです。

そう、父の感情によって、私の感情のコントロールがされていたことになります。
だから、私の身体の自律神経が参ってしまったのだと思います。
あまりに、自分の本来の身体の反応を抑えて、父に合わせていたから、自分で自分の身体さえもコントロールできなくなったのだと思います。自律神経がくるってしまったのです。

だんだんと、そのからくりが分かってきたのです。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。